ダラダラ続けてきた浦波編もいよいよ最終回。小物を処理してとりあえず完成させる。

 色々と小うるさいことを書いてきたが、このキットは丁寧に作れば素組でも充分見られるものになる。さらにマストとスキッドビームを細くすると格段に完成度があがるので、この部分にはできるだけ手を加えてやりたい。

 三脚檣の主柱は0.3ミリの真鍮線を使用しているのだが、もう少し太くてもよかったかもしれない。

 後方の三脚は0.2ミリの金属線で、これはユザワヤのビーズコーナーにあったもの。これの何が良いのかというと、形状記憶合金でできていることで、お湯であたためるとまっすぐになる。私のような粗忽者は細い金属線をすぐに曲げたり撓めたりしてしまうので、実にありがたい。カミさんに教えてもらったもので、妻帯者でよかったと思う数少ない事例のひとつだ。残念なことに廃盤になってしまったようで最近は見かけない。釣り具に似たような製品があるらしいので、今度入手してみるつもりだ。

 横桁は砲身の作成方法の応用で、テーパーのついたものをプラ材から自作している。

スキッドビームはH型材を色々試作してみたのだけど、納得のいくものが作れず、ただ細いプラ材に置き換えただけ。これは今後の課題にしたい。

煙突の格子は治具を使って極細の金属線から作っている。やってみると案外なんとかなるものだ。極細の金属線を使えば、中心の重なる部分もそれほど目立たない。

キットの機銃は少々大きすぎ。今回はエッチングを使用。写真は金属線で作ってみたものとの比較。(飛ばしてもわかるように片側の銃身はギリギリまで切らない)

 カッターや内火艇は工作や塗装が面倒なので、すべてシートをかぶせた状態にしている。前から思うのだが、駆逐艦のグライプバンドは白ではないのではないか?試しにお手元にある駆逐艦の写真を大正年間ぐらいから順に見ていただきたい。白色と暗色とどちらが多いだろうか?おそらく白色の例はほとんど無いはずだ。暗色は明らかに船体色(グレー)より濃い色で煙突の先端部分と同じだ。これを踏まえて今回は黒色にしてみた。巡洋艦以上の大艦は写真でも白色なのだが、小艦艇と大型艦でなぜ色が違うのか、理由はまったく不明。

修正テープを使ってみる

 以前の吹雪もそうだったが、今回も各所に修正テープを使用している。修正テープは100円ショップの文具コーナーなどにある、文書の誤字などを修正するためのホワイトのテープで、これを手すりに貼ると薄くていい具合に皺がよる。場所によっては2枚重ねて貼ったりしている。

 使用方法はピンセットでケースから引っ張りだして、シールの台紙(シールやステッカーなどをはがした後のツルツルした紙)の上でカットする。このテープは大抵のものにはくっつくのだが、シールの台紙には張り付かないので、この上で作業するといい。

 欠点は汚れ易いことと耐久性に難点があることで、貼った上から塗料などでコートしないとボロボロにやぶけてくることがある。特に手すりに貼った場合に破れやすい。

 煙突上の四角のマーキングも、塗装ではなく修正テープを切ったものを使用している。書いた文字を見えなくするくらいだから隠蔽力は抜群。簡単な記号や帯などは塗装よりも角のエッジがきれいに出るのでオススメ。失敗しても爪楊枝のような柔らかいもので擦れば簡単に取れるので何度でもやり直しがきく。しかも安い。どうしても溶かしたいときは、シールはがし剤が有効だ。

浦波といえばこのアングル。開戦時は、作例とは異なり、各カンバス部もグレーに塗られていた。実は一回すべてグレーで塗ってみたのだけど、メリハリがないというかカッコ悪かったので白く塗り直している。したがって厳密に言えばフィクションということになる。

 今回は、船体の塗装に軍艦色ではなくダークシーグレーを使用してみた。これはこれでいい色なのだけど、もう少し暗い色のほうが良かったかな?という気がしないでもない。グラデーションを作るのが少々むずかしかった。まあ修行が足りないということだな。

舷側の表現(塗り)はやはり難しい。単調にならないように色を重ねてゆくのだが、なかなか思ったようにならない。単純に縦方向に汚すのではなく、外板の継ぎ目で止めてみたり、にじませたり。このあたりはWLの旧パッケージなんかが参考になる。樋の部分は汚れていることがあるので、黒を差している。

 

艦尾の軍艦旗は修正テープの表裏にデカールを貼ったもの。吹雪の時は修正テープに赤のミリペンで描いた。

 これにて浦波編は一応の完結とさせていただきたい。写真にとってあらためて眺めてみると、基本工作のいい加減さが丸わかりで、なんというか、・・・・・・無かったことにしたい。次回からはもっと丁寧な工作を心がけるので今回は(今回も)見逃してください。

 

 次は特Ⅲになるのかな?まともにやると浦波よりむずかしいかも。その前に特Ⅱがリリースされてしまうか。先日HJの記事で「綾波」を見たけれど、これはこれで面倒そうな・・・。「綾波」ではなく「朝霧」を作れということか?

©2014.10.15 禁無断転載 図版の無断使用、加工等はお断りいたします。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now